快適なネット環境を整えるために覚えておきたい海外用simカードの特徴や魅力について

魅了が多い!海外用simカードの利用をおすすめする理由

海外のネットワーク回線を使って快適なインターネット環境を整えることができる「海外用simカード」は、大変魅力的な点が多い便利ツールです。
スマホやインターネットを多用する方にとって、何不自由なく海外でもネットが使えることは非常に重要なことですし、
ストレスなく旅行を楽しむためにも海外用simカードを効果的に活用することは非常にメリットが多いことだといえます。
これから海外旅行に行く予定がある方や、仕事で海外に行く予定がある方は、ぜひ海外用simカードのご利用を検討してみてはいかがでしょうか。
以下では、海外用simカードをおすすめする理由やその魅力をご紹介します。
 
日本で買えるから手続きも安心!
「現地のsimカードを利用したほうが、国際データローミング機能を利用するよりもコストパフォーマンスが良さそう」とは思っていても、
「現地で欲しいsimカードを購入できるか」、「購入したsimカードを自分で設定できるか」と不安でこれまで利用を躊躇ってきたという方も多いようです。
ただし最近では、海外で使えるsimカードを「日本国内で購入できる」ことから、
言葉の壁や設定方法などに不安を抱えていた方でも気軽に海外用simカードを利用できるようになりました。
日本で海外用simカードを購入する場合は、もちろん購入申し込みの手続きは日本語ですし、
設定方法などのマニュアルも日本語、問題が発生したときの対応も日本語で受付けてもらえるので安心です。
現地に到着してから購入する時間を節約することができますし、言葉が通じるかが不安だという方には
全て日本語で対応してもらえる日本の店舗で海外用simカードを購入したほうが安心です。
 
海外でストレスなくスマホやインターネットを使える!
海外用simカードの魅力、それは「海外でもストレスなくスマホやインターネットを使える」ということです。
日本で暮らしているときは、何か問題があればすぐにネット検索をして分からないことを調べることができますし、
インターネット回線と音声通話アプリなどを使って何時でも気軽にだれかと話をすることが可能です。
そういった快適な暮らしを送れるのも、スマホやインターネット環境が整っていることが前提であり、
普段はそれが当たり前過ぎであまり気に留めることもありません。
ただし、旅行や出張で海外に渡ったときには、スマホやインターネットが快適に使えることがどれほど大事なことであるかを
身に染みて感じるようになるでしょう。
言語や文化も違い、地理にも詳しくない異国では、スマホ片手に色々なことを調べる必要がありますし、
時には日本の家族や友人に連絡をとるためにスマホとインターネットを使って音声通話やテレビ電話をすることもあります。
このように、私たちが普段何気なく使っているスマホやインターネットですが、海外ではその重要性をひしひしと感じますし、
海外に滞在するときには絶対に欠かせない必須アイテムといっても過言ではないのです。
 
海外用simカードは国際データローミングよりもコストを抑えられる!
海外用simカードをおすすめする理由の一つ、それは「国際データローミングよりもコストを抑えられる」ということです。
日常的に使っている大手通信キャリアと交わしたスマホ契約でも、国際データローミング機能を使うことで海外でも音声通話やデータ通信を使うことができます。しかしながら、その最大のネックともいえるのが、国際データローミングは割高であるという点です。
定額制の海外データ通信プランを利用したとしても、1日あたり2、3千円の料金がかかってしまうことから、
1週間の滞在であれば2万円以上の料金がかかってしまいます。
そこでおすすめしたいのが、海外用simカードというわけです。
海外用simカードであれば現地で販売されているsimカードを使うことから、1週間ほど利用できるものでも千円弱、2週間ほど利用できて
データ通信容量も多いもので3千円以下と、国際データローミングよりも圧倒的にコストを抑えることができます。
 
音声通話も使えて、現地の電話番号を事前に入手できる!
海外用simカードの特徴でもあり魅力ともいえるのが、「データ通信だけでなく音声通話も使える」ということです。
日本国内で使えるプリペイド型simカードの場合はデータ通信専用です。電話回線を使った音声通話を利用するためには、
事前審査をはじめ、契約者の本人確認書類が必要になるなどの手間がかかります。
その一方で、日本で海外用simカードを購入して、個人的に利用される場合には基本的に現地で身分証登録を行う必要はありません。
さらに、データ通信だけでなく、現地の電話回線を利用した音声通話機能も付いているケースがほとんどです。
そのため、日本で事前に海外用simカードを購入しておけば、「現地の電話番号を事前に入手できる」といったことも
海外用simカードの利用をおすすめする理由の一つです。
 
事務手数料や解約手数料がかからない!
日本国内で大手通信キャリアとスマホ契約をする場合や、格安でも長期契約が必要になるsimカードを購入するといった場合には、
基本的に新規申し込みが完了し、事前審査をクリアすると月々の利用料金や端末代金の他に「事務手数料」がかかります。
また、長期契約の場合は契約に2年ほどの縛りが発生することから、契約期間中に解約をした場合は「解約手数料」や「違約金」がかかることがほとんどです。
その一方で、海外用simカードの場合は、購入する時点でsimカード本体と利用料金をまとめて前払いする形式になっているため、
利用の延長手続きをすることがない限り、追加料金が別途かかることはありません。
また、前払いの料金の他、「事務手数料や解約手数料」がかからないことも海外用simカードの魅力です。
7日間や15日間など、利用する期間に合わせて事前に支払いを済ませておけるため、利用期間を過ぎたあとは自動で解約手続きがされます。
 
追加料金が発生する心配なく安心して利用できる!
事務手数料や解約手数料がかからずに、使い終わったら自動的に使えなくなる海外用simカードは、
忙しい方や手間をかけずにスマホやインターネットを使いたいという方に大変おすすめです。
そして、プリペイド型simカードと呼ばれ、使う分だけをリチャージして使うタイプのsimカードが多い海外用simカードは、
クレジットカード登録をする必要もないことから「追加料金が発生する心配なく安心して利用できる」ことも大きな魅力です。
データ通信機能に加え、現地の電話回線を利用した音声通話も利用できる海外用simカードの場合は、
simカードを購入した時点で「無料利用分」が付帯されているため、その料金内であれば音声通話を利用することができます。
もしも、無料利用分がなくなったとしてもリチャージを行うことでまた音声通話を行うことができます。
海外用simカードに多いプリペイド型simカードは、追加料金が発生する心配がありません。
日本で使っているスマホを海外で使ったとしても、あとで高額な料金の請求がくることはありませんし、
それぞれのsimカードの利用範囲内で使用できることから別途料金の追加請求がくることもありません。
 

今回は、旅行や出張で海外を訪れる方におすすめの「海外用simカード」の特徴や、その魅力などについて一気にご紹介しました。
これら以外にも実際に海外で使えるsimカードを利用してみると、より沢山のメリットを実感していただけるはずです。
お手物のスマホを使って海外でも快適なインターネット環境を築くためにも、
日本にいる間に海外用simカードを入手して効果的にご利用いただくことを是非おすすめします。